消費税増税でますます苦しくなる庶民生活

ポイント

  • 平成26年4月から消費税率を5%から8%へ引上げられることが決定しましたが、家計への負担額はどのくらいになるのでしょうか?
    ビジネスガール
  • あなたの自衛策は節約だけで足りますか?


安倍首相、消費税率引上げを決断!あなたの負担額は?

10月1日、安倍首相が、現行5%の消費税率を来年4月から8%に引き上げる

決断をしました。

安倍首相消費税率引上げを決断

各界の有識者60人余から意見を聞きまくったり、決断までにずいぶん引っ張ら

れましたが、まあ大方の見方通りの結論に落ち着いたということでしょうか?

しかし、これだけでは終わりません。

2015年10月からは、さらに2%引き上げられて消費税率は10%まで引き

上げられることになっているのです。

税金が高くなることはだれも好みませんが、少子高齢化が急速に進行している

我が国において毎年1兆円づつ増え続けている社会保障費に充てるためという

建前になっているためか、反論も一向に盛り上がらないのです。

ところで、あなたはご存知ですか?

消費税率が引き上げられるとどのくらいあなたの家計の負担になるのかを…

この表は、第一生命経済研究所が試算した年収別の負担額です。

あなたの負担額はどのくらいになりそうですか?

消費税増税年収別負担表

消費税率8%の場合、年収250万円の人の負担額は約6万円で年収の2.4%ですが、

年収900万円の人の負担額は約9万円で年収の1.0%です。

つまり、負担割合としては年収250万円の人は年収900万円の人より2.4倍も負担

することになるのです。

これって不公平ですよね。

でもこれは消費税の逆進性といって、同じものを買えば低所得者にも富裕層にも

消費税は同じ額が掛ることから発生する消費税の特徴なのです。

消費税増税だけじゃない!アベノミクスの副作用

心優しいあなたは、上の表を見て…

『このくらいの負担ならしょうがないか…』とか、


『いつかはお世話になる社会保障制度の維持のためだもんな…』と


自分に言い聞かせていませんか?

でも実は、家計への負担はこれだけではないのです。

家計を預かる主婦の方ならすでにお気づきかもしれませんが、今春から電気、ガス

などの公共料金や数々の食材などが値上がりし続けているのです。

ではなぜ、こんなにいろいろなものが値上がりしているのでしょうか?

あなたは、アベノミクスの第一の矢は何だったかご記憶でしょうか?

そう、異次元の金融緩和と呼ばれる政策でしたね。

日銀が市場から国債を大量に買うことよって、円が大量に供給され、その結果、

ドルに対して値下がりし、円安をもたらしました。

円安は、自動車や家電などの輸出を主にする一部の大企業には有利に働きますが、

反面、輸入している原材料は大幅に値上がりする副作用を伴うのです。


この表をご覧ください。

アベノミクス副作用値上品リスト

電気やガスを作るための天然ガス、パンやうどんを作るための小麦、みそ醤油等

の原料の大豆などは全て輸入に頼っているため値上げを余儀なくされているのです。

さらに、年金や健康保険料などの社会保障料の引上げ住民税控除の廃止児童

手当への移行等々、これでもかとばかりに国は私達の懐に手を突っ込んで来ているのです。

こちらの表は、消費税率が10%になる2015年10月以降の社会保障料引上げを考慮した

年収別負担額を試算したものです。

消費税社保費引上げ負担額

これによると、働き盛りの40歳代の夫婦と子供二人の家庭の負担額は、最も重く年間

約30万円にも上ります。


あなたの家計負担額はいくらぐらいになりそうですか?

法人に手厚く庶民に手薄な経済対策

消費税税率引上げは政治家にとっては一世一代の大仕事。

というのも過去消費税率引上げを断行した首相はいずれもその後の政権崩壊を

招いているからです。

1989年に消費税(3%)を初めて導入した竹下内閣は、その数カ月後に崩壊。

1997年4月にこれを5%に引き上げた橋本龍太郎首相は、翌年の98年参議院選挙で

惨敗し首相の座を退いているのです。

安倍首相は、せっかく上昇気流に乗りつつある景気が、腰折れしてデフレに逆戻り

させないために、減税処置経済対策で同じ轍は踏まない構えです。

消費税増税経済対策

しかし、この対策をよく見てみると、企業の投資を促す減税賃上げ促進減税

復興特別法人税の1年前倒し廃止の検討など法人にはきわめて手厚い反面、

我々庶民には、低所得者向けの現金給付(\15,000円程)住宅購入者向けの

現金給付住宅ローン減税の拡充など特定の対象者にだけ適用される手薄な

内容なのです。

節約だけでは追いつかない自衛策

そもそも私たちの賃金が、消費税率が10%に引き上げられる2015年10月までに

負担額相当分以上に引上げられれば、余計な心配をしなくてもよいのですが…。

では、あなたの給料は2015年10月までに負担額相当分以上上がりそうですか?


『少しは上がるかもしれないけど…』

『負担額が大き過ぎて…』

こんなあきらめの声が聞こえてきます。


では、何か対策はお考えですか?


『ウーン、異次元の節約ぐらいかな…』(笑)

節約では、もはや追いつくようなレベルではありません。

このまま何も手を打たず無抵抗でいることは、座して死を待つようなものです。

幸い、消費税率が上がる来年4月までに半年間の猶予があります。

それまでに負担額分を補うかそれ以上の収入源を新たに作ればよいのです。

幸運にも、私たちは産業革命に匹敵するIT技術に囲まれた社会に生きています。

昔であればムリでしたが、いまやIT技術を駆使すれば、本業を続けながら隙間時間を

使って在宅で副業することだってできるのです。

ITで副業

また、最初は消費税負担額を補うために始めたとしても、やがて本業を上回る高額の

収入を得ることも決して夢ではないのです。

それでもあなたは、異次元の節約だけですか?



私たちが展開しているMLMに関心がある方はこちらから

私は、ネットワークビジネスという流通がシステムとして活動的に関わる

人たちを幸せにする21世紀の新しいビジネスとして認知され、正しく広く普及して

確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。


a:2972 t:2 y:3