ロバート・キヨサキ

ポイント

ビジネスガール
  • 日本でもベストセラーになった「金持ち父さん貧乏父さん」の著者。
  • 彼の著書に触発されて起業した日本の実業家は数知れない。
  • ロバートキヨサキ氏について勉強する前にプロフィールを押さえておきましょう!


ロバート・キヨサキ氏のプロフィール

  • 本 名   ロバート・トール・キヨサキ Robert Toru Kiyosaki
    日本名   清崎 徹(きよさき とおる)1947年4月8日生
  • 職 業   アメリカ・ハワイ出身の投資家、実業家、セルフヘルプ著者、
            モチベーショナル・スピーカー、金融リテラシー活動家、
            時折金融コメンテーター。日系4世。
  • 全世界累計2800万部を突破した大ベストセラー「金持ち父さん 貧乏父さん」
    シリーズの著者として知られる人物であり、第1作目の『金持ち父さん 貧乏父さん』は50カ国語以上に翻訳され、100カ国以上で親しまれる名著となっている。

ロバート・キヨサキ氏の略歴

  • ハイスクール卒業後、ニューヨークの米国商船大学校へ進学。卒業後に海兵隊に入隊し、士官、ヘリコプターパイロットとしてベトナム戦争に出征した。帰還後、ビジネスの世界に乗り出し、1977年にナイロンとベルクロを使ったサーファー用の財布を考案し会社を設立。その後いくつか会社を起こしたが1994年に47歳でビジネス界から引退し、「金持ち父さん(後述)」から学んだ教えを広めるため、ボードゲーム『キャッシュフロー101』、『キャッシュフロー202』を考案。
  • 1997年に著書『金持ち父さん 貧乏父さん』を執筆。『金持ち父さん 貧乏父さん』は全世界で51カ国語に翻訳され、109カ国で紹介されている。『金持ち父さん』シリーズは、日本で累計300万部、全世界では累計2800万部を突破した。(2008年11月現在)多くの経営者、ビジネスマンからの評価も高く、若い内に読んでおいた方が良い書籍として推薦されている。
  • また、オンラインセミナーを配信しているSkyQuestcom社にセミナー映像を提供している。
  • 著書の中に登場する『金持ち父さん』については、実在性を疑問視する声が少なくない。キヨサキは『金持ち父さん』は実在したと主張する一方で、『金持ち父さん』がどの人物であるかという具体的な情報を著書の中では明らかにしておらず、その理由について金持ち父さんの家族からの要望であるとしている。また、金持ち父さんのエピソード自体はフィクションであることも明言している。

主な著書

「金持ち父さん 貧乏父さん - アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント - 経済的自由があなたのものになる」

「金持ち父さんの投資ガイド 入門編 -投資力をつける16のレッスン」

金持ち父さんのビジネススクール_

「金持ち父さんの投資ガイド 上級編 -起業家精神から富が生まれる」

「金持ち父さんの子供はみんな天才-親だからできるお金の教育」

「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」

「人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクール - ネットワークビジネスから学ぶ8つの価値」

「金持ち父さんの金持ちになるガイドブック - 悪い借金を良い借金に変えよう」

「金持ち父さんの予言 - 嵐の時代を乗り切るための方舟の造り方」

「金持ち父さんのパワー投資術 - お金を加速させて金持ちになる」

「金持ち父さんのサクセス・ストーリーズ - 金持ち父さんに学んだ25人の成功者たち」

「金持ち父さんの起業する前に読む本 - ビッグビジネスで成功するための10のレッスン」

「金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密」

「金持ち父さんのファイナンシャルIQ - 金持ちになるための5つの知性」

「金持ち父さんの金持ちがますます金持ちになる理由」

「金持ち父さんの新提言 - お金がお金を生むしくみの作り方」などがある。

(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)


私が展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通が一つの物流システムとして能動的に

関わる人たちを幸せにする21世紀の新しい画期的なビジネスとして認知され、

正しく広く普及して、確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

私が展開中のMLMに興味がある方は、別途下から資料請求されてください!

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。

a:2577 t:1 y:1