ネットワークビジネスvsねずみ講

ポイント

ビジネスガール
  • ネットワークビジネスとねずみ講の違いを正しく理解しましょう。
  • ネットワークビジネスの誤解の起源は?
  • ねずみ講は法律で禁止されている取引行為です。
  • ネットワークビジネスは合法的に認められている取引行為です。


ネットワークビジネスの誤解

あなたは、ネットワークビジネスとねずみ講の違いをご存知ですか?


友人や知り合いに『ネットワークビジネスって知ってる?』

と聞いてみても『あぁ、あのねずみ講みたいなやつのことでしょ。』

というような明らかに混同している返事が返ってくること、実に多いんです。


いったいなぜでしょう?

たぶん、どちらも人の購買行動にもっとも影響を与える『口コミ』情報によって、

人から人へと繋げていくシステムになっている点が似ているためでしょうか?

ネットワークビジネス 誤解の起源

1960年代~'70年代にかけて、天下一家の会は、日本中を騒がせた

「ネズミ講」事件を引き起こし、APOジャパンは主婦や大学・高校生までを

巻き込んだ悪徳商法を全国規模で展開しました。

両社とも多くの被害者と加害者を出した社会的事件だったために

ねずみ講=悪徳商法ということが人々の記憶に深く刻まれることとなったのです。

また当時、ねずみ講は、人のつながりを利用したシステムであったために、

『マルチまがい商法』とも呼ばれていましたが、長い年月を経るうちに

いつの間にか『まがい』がとれて『マルチ商法』となり、

いまでは、『ねずみ講』=『マルチ商法』=『ネットワークビジネス』の講図が

定着してしまい、誤解を生む根源となっているのです。

いいですか!

もともと『ねずみ講』''『マルチ商法』=『ネットワークビジネス』

なのです。

ネットワークビジネスとねずみ講は似て異なもの

ネットワークビジネスとねずみ講は、似て異なもの。

全くの別物なのです。

ねずみ講は、金品を目的として、ねずみ算式に増加する下位会員から

徴収した金品を上位会員に分配する事で、その上位会員が自らが

払った金品を上回る配当を受けることを目的としたシステムです。

一方、ネットワークビジネスは、商品の流通を目的として

商品の消費者=愛用者が、口コミによるセールス活動を行い、

商品の販売を人から人へとつなげてゆくシステムなのです。

ネットワークビジネスは、合法取引行為

また、法的には、ねずみ講は、無限連鎖講と呼ばれ、法律で禁止されている

違法取引行為です。



一方、ネットワークビジネスは、法的には連鎖販売取引と呼ばれ、

特定商取引法の下で認められている合法取引行為なのです。



これであなたの誤解は解けましたか?

無限連鎖講(むげんれんさこう)

無限連鎖講(むげんれんさこう)とは、金品を払う参加者が無限に増加するという前提において、二人以上の倍率で増加する下位会員から徴収した金品を、上位会員に分配することで、その上位会員が自らが払った金品を上回る配当を受けることを目的とした団体のことである。

無限連鎖講は人口が有限である以上、無制限に成長することが絶対的にあり得ないことから、日本では無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されている。

親会員から子・孫会員へと会員が無制限に、ねずみ算的に増殖していくシステムから、一般的にはネズミ講と呼ばれる。特定商取引に関する法律第33条で定義される販売形態に沿った連鎖販売取引は違法とは言えず、その意味ではネズミ講とは呼べない。また、マルチ商法、マルチまがい商法についても侮蔑的にネズミ講と呼ぶことがあるが、法的には一概に無限連鎖講とは言えない。他にはピラミッド商法という手法も存在している[1]。

出典:ウィキペディア無限連鎖講


インターネットで集客するMLM成功セミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、講座参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:3522 t:1 y:1