ネットワークビジネスはコーチングビジネスだ!

ポイント

ビジネスガール
  • コーチングの語源と発展経緯。
  • コーチングとティーチングの違い。
  • 指示待ち人間への決別。


ネットワークビジネスがコーチングビジネスである理由

私はロバートキヨサキが奨めるネットワークビジネスの中で、『ネットワーク

ビジネスはコーチングビジネスだ』と書かせて頂きました。

何故かと言えば、その理由は二つあります。

コーチングビジネス

ひとつは、ロバートキヨサキ氏が奨めている理由でもあるのですが、

ネットワークビジネスに参加することで従業員や個人事業主の

あなたをビッグビジネスオーナーの価値観や収入へと変身

させてくれるからです。

言葉を変えて言えば、キャッシュフロークワドラントのEやSのあなたを

BIクワドラントへいざなってくれるからです。


コーチング

もうひとつは、ネットワークビジネスというビジネスモデル自体が

物品販売のようにセールス実績で評価されるのではなく、

参加者をコーチングし、目標に導きながら新たなコーチへと育成

することで評価されるビジネスだからです。

こう言うと、あなたは学校や塾の先生(ティーチャー)をイメージされるかも知れませんんが、

ネットワークビジネスで行われるのはティーチングというよりコーチングなのです。

『TeachもCoachも似たようなもんじゃないの?』と思われるかもしれませんね。

人に何かを伝える人という意味では同じですが、伝え方が違うのです。

ティーチャー林修

例えば…、

予備校の先生で『いつやるの? いまでしょ!』でおなじみの林修先生が

生徒にしているのはティーチングです。

一方…

コーチ平井伯昌ファミリー

オリンピックメダリストの北島康介選手や寺川綾選手を育てた

名伯楽平井伯昌コーチがしているのはコーチングになります。

『なーんだ、勉強を教えるのがティーチングで、スポーツを教える

のがコーチングか。』なーんて早合点しないでくださいね。

教える分野の問題ではありません。

伝え方の問題なのです。

コーチングの語源と発展経緯

最近、大手企業などでは部下の育成や組織の活性化のツールとしてコーチングが

社員研修に取り入れられるようになってきたせいか、コーチングという言葉自体は

よく聞かれるようになりましたが、まだまだ一般常識というまでには至っていないようです。

Coach=馬車

Coachとは、そもそも英語で馬車を意味していたそうです。

そして、馬車は人を目的地まで送り届けることから、

人を指導する」という意味になったと言われています。

やがて、1800年代には大学で学生に指導する教師を

「コーチ」と呼ぶようになり、1880年代にはスポーツの世界

でも指導者を「コーチ」と呼ぶようになったようです。

さらに、最近ではビジネスや医療の分野にも浸透するようになってきたのです。

一般的には、スポーツ界でのコーチのイメージが強いかも知れませんね。

コーチングとティーチングの違い

コーチング

コーチングとは、人材育成を行う手法の1つです。


コーチングはコーチが持っている能力や技術を伝授するという

よりは、むしろクライアント(コーチングを受ける人)の中にある

潜在的な能力を引き出すことに重きを置きます。

クライアント(コーチングを受ける人)のそばにいて、

クアイアントが目標や夢を叶えるためにはどうすればいいのか、

答えではなくヒントを与えながら、目標に対して取るべき行動をクライアント(コーチングを

受ける人)自身に気づかせ選択させることを促します。


こうすることで、クライアント自身が気づいていない能力に目覚め自主性やる気

起こさせるのです。


一方…

ティーチング

ティーチングも人材育成の手法の一つですが、コーチングのように

クライアントの潜在能力を引き出すというよりは、

ティーチャーが持っている知識やノウハウを伝授することに

重きが置かれるので、ティーチャー以上のレベルアップを望むことは

難しいのです。

また、ティーチングの手法に慣らされてしまうと、クライアントは

受け身(指示待ち)になってしまい、自分で考えるよりは模範解答を欲しがる

(依存する)ようになってしまうのです。

指示待ち人間への決別

あなたは、自分の思考回路が受け身(指示待ち)になっていることに気付くことは有りませんか?

もし、そうだとしてもムリは有りません。

なにしろ、長いこと学校教育や職場でティーチングに慣らされてきたのですから…。

キャッシュフロークワドラントのEクワドラント、つまり従業員のままでいるなら、受け身

(指示待ち)人間でも通用するのかもしれません。

しかし、もし、あなたがBやIクワドラントに移り、経済的自由を得たいなら、自ら考え

自ら判断し自ら行動する思考回路に変らなければなりません。

とはいうものの、一度体に染みついた思考回路を変えることは容易ではありませんよね。

そこで、参加者をコーチングし、目標に導きながら新たなコーチへと育成することで

評価されるネットワークビジネスが打ってつけなのです。

なぜなら、ネットワークビジネスは、この改造プログラムがビルトイン(組み込み)されている

ビジネスモデルだからです。

コーチングであなたの未知の才能 覚醒させてみませんか?

コーチング(coaching)とは、

人材開発の技法の1つ。

対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。

相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促す。一般的にコーチングといった場合にはビジネスや個人の目標達成の援助のことを指している。

最近では、コーチングに神経言語プログラミング(NLP)の手法を取り入れたNLPコーチングというセミナーも存在している。また、ポジティブ心理学に対抗してイギリスで「コーチング心理学」が発祥したが、その学術名称の適切性も含めて今後の動向が注目を集めている。

コーチングはカウンセリングの質問技法[1]の中のフィード・フォワード質問や具体化質問など、ごく狭い領域に絞り込んだ目的思考の質問[2]をビジネスライクに行うことに特徴がある。

また、クライアントへの「助言・力づけ・援助」[3] をクロージングとするカウンセリングと異なり、コーチングはそれらを「承認」に代えるという点でもユニークである。

しかし、承認のプロセスはコーチによる誘導やクライアントの自己暗示に陥り易いというだけでなく、クライアントに対する行動操作や心理拘束を容易にし、究極の洗脳テクニックとなり得るという批判がネット上でもたびたび取り沙汰されている。

コーチングはサイエントロジーのオーディティングとコンセプトを同じくし、ビジネスライクに進行させるという点でもオーディティングとの類似性が見られるとする主張があるが、サイエントロジーのオーディティングは原因訴求・時間遡及型の質問も行うなど、多分にカウンセリング的であり、この点でコーチングとは異なる。

ただし、コーチングは心理学とは看做されないため通俗心理学等の批判は受けないが、海外ではカルトに位置づけられたりカルトまがいと揶揄されることがあるのは確かである。

コーチングという呼び方はスポーツ分野にも移入されたが、その意味や手法はここでのコーチングとは関係はない。

出典 ウィキペディア コーチング



インターネットで集客するMLM成功webセミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:3282 t:3 y:0