人生を分けるキャッシュフロークワドラント

ポイント

ビジネスガール
  • 金持ち父さんのキャッシュフロークワドラントを理解しましょう!
  • あなたの収入はE S B I どのキャッシュフロークワドラントから生まれていますか?
  • キャッシュフロークワドラントが違うと価値観も違うことを認識しましょう!


1つのキャッシュフロークワドラントに捕りつかれていませんか?

あなたは、よくこんなことをつぶやいていませんか?

20代のあなた…


「仕事がやめられたらなぁ」

「もっと収入は欲しいが転職して一から出直すゆとりすらない」

転職しても何も変わらない。もうたくさんだ」

奴隷のような労働階級


30代~40代のあなた…


「一生懸命働いても金持ちになるのは会社のオーナーだけだ

「社員を生かさず殺さずこき使う会社にもううんざりだ」

「給料が上がっても消費税増税分にも未たない」

50代~60代のあなた…


「何十年も働いてきたのに経済的にちっとも楽にならない。年金も減らされ

そうだし老後が不安だ



「テクノロジーの進歩や若い労働力に押されて、リストラされるのではと

不安になる」

「こんなきつい仕事、もう続けられない。歳を取り過ぎた」

こうつぶやくあなたの本音は、経済的にも精神的にもゆとりのある生活が

したいのではありませんか?

それなのに、勇気を出して転職を繰り返してみてもちっとも変わらないのでは

ありませんか?

思い当たる節のあるあなたは、自分では気づかないうちに、一つのキャッシュフロー

クワドラントに捕りつかれているか、しがみついているのかもしれません。

人生を変えたいならば、あなたのやり方は間違っています!

仕事をいくら変えても無駄です。

実は、あなたのいるキャッシュフロークワドラントを変えなければ人生は変わらないのです。

なぜなら、キャッシュフロークワドラントを変えなければ、あなたの価値観

(コアバリュー)が変らないからです。


金持ち父さんのキャッシュフロークワドラントとは?

あなたは、キャッシュフロークワドラントという言葉を聞いたことが

ありますか?

『なにそれ? 現金でなにかすること?』

ブッブー。いいえ、違います。

ロバートキヨサキの金持ち父さんの本に出てくるあれでしょ?』

こう答えるあなたは、起業とかお金にかなり興味がある方とお見受けします。

金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント

そう、その通り、あれです。

あれとは、ロバートキヨサキ氏の著書『金持ち父さんの

キャッシュフロークワドラント』で紹介されている収入源に

よる人の区分け方のことです。

英語の意味は、

キャッシュフロー(cashflow)は、お金の流れ=収入

クワドラント(quadrant)は、数学で習ったX軸Y軸で仕切られた4つの象限のことです。

キャッシュフロークワドラント


人は何らかの形で収入を得て生活しているわけですが、

そのお金の流れ=収入を、どこから得ているかで

E、S、B、Iの4つのキャッシュフロークワドラント

(象限)に分けることができるといいます。


E、S、B、Iのそれぞれの意味は、

  • E…Employee
    従業員、つまり正社員、派遣社員、パート、アルバイト等、自分が所有していない会社やビジネスから給料をもらっている人なら、たとえ大企業の社長さんでもEクワドラントに該当します。

  • S…Self-employedまたはSmall business owner
    個人事業主、中小企業の経営者、医者、弁護士などの専門家がSクワドラントに該当します。

  • B…Big business owner
    ソフトバンクの孫さんやユニクロの柳井さんに代表される従業員500人以上の企業やビジネスをもっている人がBクワドラントに該当します。

  • I…investor
    投資家、ウォーレン・バフェット氏やロバートキヨサキ氏のように収入の大部分を株や債券、不動産等の投資から得ている人がIクワドラントに該当します。

さて、あなたは、どのキャッシュフロークワドラントに該当しそうですか?

キャッシュフロークワドランドが違えば価値観が違う訳

ロバートキヨサキ氏の著書によれば、キャッシュフロークワドラント毎に共通

する価値観(コア・バリュー)があるといいます。


なぜでしょう?


これは、ちょっと考えれば当たり前のことで…

人はだれでも自分のことを理解してもらおうとします。


だから、人は自分のことを理解してくれる人、つまり同じ価値観を持っている

人を本能的に好むのです。


すると、自然に同じ価値観を持つ人同士が群れてしまうのです。

価値観の掌

たとえば、Eクワドラントのあなたが、人生を変えようと

いくら転職を繰り返してみても、気がつけばまた同じ

Eクワドラントに身を置いているのもそのためです。

まるで、孫悟空が觔斗雲に乗ってどんなに遠くへ逃げ

ようとも、お釈迦様の手のひらから出られないように…。


『ほんとうかなぁ』

にわかに信じられませんか?

では、あなたの周りを見渡してみてください。

どうですか?


ねっ、 ほんとうでしょ!

ESBI 各キャッシュフロークワドラントの価値観とは?

では、E S B I 各クワドラントの価値観(コア・バリュー)とは、いったい何でしょうか?

Eクワドランド、つまり従業員は、「福利厚生のある安定した仕事に就きたい」

「残業手当はいくらもらえるのか」「有給休暇は何日あるか」

というような考え方や物言いをします。

その根底にあるのは『安定』という価値観(コア・バリュー)です。

彼らは、組織の一員であることを好み、『安定』のためなら自分を殺して

大きいものには巻かれる事も厭いません。

Sクワドランドの人の価値観は、『独立心』です。彼らは人からの束縛をきらい、

自由を愛し、したいことをします。

そして、自分の得意とする分野でナンバーワンになりたがる傾向があります。

「手に職を付けて独立したい」「資格を取って開業したい」などの発想や

「仕事をきちんと片付けたいなら人に任せず自分でやれ」というような

考え方をする人たちです。


Bクワドラントの人の価値観は、世にため人のために自分は何ができるかという、

強い『使命感』です。

使命達成のためには素晴らしいチームを持つことや効率の良いチームワークを

重視し、出来るだけ多くの人と仕事をしたいと考えます。

なので、Sクワドラントの人のように自分の分野でナンバーワンになることよりも、

自分のチームに加えるメンバーとしてナンバーワンの人を探そうとします。

Iクワドラントの人の価値観は、ズバリ『経済的自由』です。

彼らは、自分がお金のために働くのではなく、お金を自分のために働かせようと

考えます。

だからこんなことが口癖です。

「○○%のリターンを期待している」

ESBIコアバリュー


私が展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通が一つの物流システムとして能動的に

関わる人たちを幸せにする21世紀の新しい画期的なビジネスとして認知され、

正しく広く普及して、確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。

a:4203 t:3 y:1