ネットワークビジネスXインターネットで在宅副業から起業し、権利収入という不労所得を得て、経済的自由と時間の自由を手に入れてみませんか?

FrontPage

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。私が現在展開中のMLMに関心がある方は、愉快で楽しい動画セミナーをご覧ください。よろしくお願いいたします!

最新の記事

ネットワークビジネスで自分の人生を生きる!

ネットワークビジネスの目的は
ビックな成功をしてリッチなることではありません

自分の人生を自分の思うように使うための自由を勝ち取る
ことにあるのです

真の自由を実現できるのがネットワークビジネスです!

自分の人生を生きようネットワークビジネス 自分の人生を生きようネットワークビジネス 初心者でも安心して出来るネットワークビジネス 好きに暮らす 思い通りに暮らす その方法はとてもシンプルです あなたも思い通りの暮らしを手に入れる あなたも思い通りの暮らしを手に入る その方法は誰にでもできる仕組みです 自分の好きな暮らしをする 好きな暮らしができる 時間に縛られない素晴らしいところです 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 一日24時間あなたが自由に暮らせる その方法はとてもシンプル その方法はとてもシンプル あなたも思い通りの暮らしを手に入る あなたも思い通りの暮らしを手に入る あなたも思い通りの暮らしを手に入る その方法は誰にでもできる仕事です ネットワークビジネスで好きな暮らしができる ネットワークビジネスで好きな暮らしができる ものを売りに歩くことないネットワークビジネスです なによりも、長時間働かなくてもいいネットワークビジネス 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 ものを売りに歩くことないネットマーケティングです なによりも、長時間働かなくてもいいビジネス 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、 素晴らしいところです、

会社や年金に頼らず幸福に暮らす為に今、やるべきことは?

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


動画版人生を変える扉


ネットワークビジネスはチームビジネスです。

究極のチームビジネスとも言えます。
それは、チームであなたの成功を応援するからです。

一人で見る夢はただの夢物語でしょうが
ネットワークビジネスで見る夢は現実になります。

私たちと一緒にあなたの夢を叶えませんか?

あなたの成功を無償でみんながお手伝いしてくれる
一人では叶えられない夢を叶えることができるのが
ネットワークビジネスなんですね

ネットワークビジネスで成功するには3つのポイントがあります

ポイントその1.メンター(指導者)

もちろん独学でも成功することは可能です。

しかしもし仮にあなたが本気でプロゴルファーを目指そうとするなら?

コーチについて、トレーニングを受けることが近道ですね。それと同じです。

特にネットワークビジネスは、コーチングが必要なビジネスです。

ポイントその2.成功への願望(やる気)

だからといって、特別なスキルがなくては成功できない!という事ではありません。

大切な事は、成功への願望、やる気、モチベーションの維持です。

これがなくては成功することはできません。

スキルは、システムがいくらでもカバーしてくれます。

いかに成功への願望(成功マインド)を持ち続けるか?

ここが最も大切なポイントです。

ポイントその3.目標設定

分かりやすく言うと、漠然とした目標設定では、成功することはできません!

例えば月収で1千万円稼ぐ!と決めても、その理由が曖昧だとそれが

動機付けにはならないのです。

いつまでに家を買う!

いつまでに借金を返済する!

いつまでに会社を辞め独立する!

こんな感じに具体的にイメージできる目標を作りましょう。

そして大切なことは、その目標を達成した時をイメージして、心の底

からワクワクするか?ということです。

私は現在インターネットでネットワークビジネスを展開中です!

自宅にいながら、自分のペースで自由にできる。。。

何より空いた時間に活動できる!

ここがインターネットの素晴らしいところです!

過去記事一覧

◆12月31日・・・アフィリエイターの超意外な転職先【コラム】
◆12月21日・・・際限なき派遣で揺らぐ正社員の座【自分年金が必要なワケ】
◆12月16日・・・ネットワークビジネスはコーチングビジネスだ【MLM基礎知識】
◆12月10日・・・月刊ネットワークビジネス【MLMランキング】
◆12月05日・・・ネットワークビジネス 人生のお引越し【MLM基礎知識】
◆11月22日・・・Rキヨサキが最重要視するリーダーシップスキル【R・キヨサキ】
◆11月11日・・・Rキヨサキが奨めるネットワークビジネス【ロバートキヨサキ】
◆11月09日・・・キャッシュフロークワドラント【ロバートキヨサキ】
◆11月01日・・・ネットワークビジネス 稼ぐチカラ…国が証明【MLM基礎知識】
◆10月17日・・・消費税増税で苦しくなる庶民生活【自分年金が必要なワケ】
◆10月16日・・・ネットワークビジネスに向く商品向かない商品【MLM基礎知識】
◆09月25日・・・ネットワークビジネスをオリンピックで考える【MLM基礎知識】
◆09月11日・・・ジョイ【MLM企業名鑑】
◆09月10日・・・DNA【MLM企業名鑑】
◆09月09日・・・ペレグレイス【MLM企業名鑑】
◆09月08日・・・イオスコーポレーション【MLM企業名鑑】
◆09月07日・・・ベガ【MLM企業名鑑】
◆09月06日・・・ビオライズ【MLM企業名鑑】
◆09月05日・・・インヴェルジャパン【MLM企業名鑑】
◆09月04日・・・サミットインターナショナル【MLM企業名鑑】
◆09月03日・・・ネットワークビジネス売上ランキング2013【MLMランキング】
◆09月02日・・・ネットワークビジネスをイチローで考える【MLM基礎知識】
◆08月19日・・・ネットワークビジネスは女性向ビジネス?【MLM基礎知識】
◆08月13日・・・最低賃金引上げでも変らぬワーギンクプアー【自分年金が必要なワケ】
◆08月08日・・・生活保護がセーフティネットでなくなる?【自分年金が必要なワケ】
◆08月05日・・・人生を変えるビジネススクール【MLM礎知識】
◆07月29日・・・注目!社会保障制度改革【自分年金が必要なワケ】
◆07月24日・・・シー・エム・シー化粧品【MLM企業名鑑】
◆07月23日・・・エルセラーン化粧品【MLM企業名鑑】
◆07月22日・・・アミン【MLM企業名鑑】
◆07月21日・・・ケイエスビー【MLM企業名鑑】
◆07月20日・・・サンテクレアール【MLM企業名鑑】
◆07月19日・・・M3(エムスリー)【MLM企業名鑑】
◆07月18日・・・エックスワン【MLM企業名鑑】
◆07月17日・・・プロティオス【MLM企業名鑑】
◆07月16日・・・アイスター商事【MLM企業名鑑】
◆07月15日・・・三和株式会社【MLM企業名鑑】
◆07月14日・・・トータス【MLM企業名鑑】
◆07月13日・・・マナテックジャパン【MLM企業名鑑】
◆07月12日・・・スターライズ【MLM企業名鑑】
◆07月11日・・・・・TIENS JAPAN【MLM企業名鑑】
◆07月10日・・・グリーンプラネット【MLM企業名鑑】
◆07月09日・・・ニナファームジャポン【MLM企業名鑑】
◆07月08日・・・ジャパンローヤルゼリー【MLM企業名鑑】
◆07月07日・・・グランド・イーワンズ【MLM企業名鑑】
◆07月06日・・・マナビス化粧品【MLM企業名鑑】
◆07月05日・・・シナリー【MLM企業名鑑】
◆07月04日・・・ネットワークビジネスは資産形成ビジネスなのだ!
◆07月03日・・・アイビー化粧品【MLM企業名鑑】
◆07月01日・・・バイオクイーン【MLM企業名鑑】
◆06月30日・・・ネットワークビジネスを富士山登山で考える
◆06月29日・・・ネットワークビジネス ランキングの見方
◆06月28日・・・ハーバライフ【MLM企業名鑑】
◆06月27日・・・ネイチャーケア・ジャパン【MLM企業名鑑】
◆06月26日・・・日健総本社【MLM企業名鑑】
◆06月25日・・・ネットワークビジネス 成功へのいざない
◆06月24日・・・イオン化粧品【MLM企業名鑑】
◆06月23日・・・ネットワークビジネスと権利収入
◆06月22日・・・モナヴィー【MLM企業名鑑】
◆06月21日・・・ネットワークビジネス 成功する商品選択
◆06月20日・・・ロバート・キヨサキの名言集
◆06月19日・・・ロバート・キヨサキが奨めるネットワークビジネス
◆06月18日・・・ロバート・キヨサキ
◆06月17日・・・赤塚【MLM企業名鑑】
◆06月16日・・・ザ マイラ【MLM企業名鑑】
◆06月15日・・・シャンデール【MLM企業名鑑】
◆06月14日・・・アルソア本社【MLM企業名鑑】
◆06月13日・・・ネットワークビジネスXインターネットできますか?
◆06月12日・・・日本タッパーウェア【MLM企業名鑑】
◆06月11日・・・日本シャクリー【MLM企業名鑑】
◆06月10日・・・ネットワークビジネス もう口コミ勧誘なんていらない!
◆06月09日・・・ノエビア【MLM企業名鑑】
◆06月08日・・・ベルセレージュ【MLM企業名鑑】
◆06月07日・・・エイボン【MLM企業名鑑】
◆06月06日・・・ジャパンライフ【MLM企業名鑑】
◆06月06日・・・高陽社【MLM企業名鑑】
◆06月05日・・・ナチュラリープラス【MLM企業名鑑】
◆06月05日・・・モリンダ【MLM企業名鑑】
◆06月04日・・・シャルレ【MLM企業名鑑】
◆06月04日・・・フォーエバーリビング【MLM企業名鑑】
◆06月04日・・・アシュラン【MLM企業名鑑】
◆06月03日・・・ニュースキン【MLM企業名鑑】
◆06月02日・・・・・三基商事【MLM企業名鑑】
◆06月02日・・・ネットワークビジネス売上ランキング2012
◆06月01日・・・フォーデイズ【MLM企業名鑑】
◆05月31日・・・アムウェイ【MLM企業名鑑】
◆05月30日・・・ネットワークビジネスの成否は会社選びで決まる
◆05月29日・・・定年までもたない企業の寿命
◆05月28日・・・ネットワークビジネスのトレンドをつかめ!
◆05月27日・・・ネットワークビジネスは次長課長向ビジネス
◆05月26日・・・ネットワークビジネスと副業の相性
◆05月25日・・・厚生年金基金が危ない!
◆05月24日・・・ネットワークビジネス vs ドロップシッピング
◆05月23日・・・ネットワークビジネス vs アフィリエイト
◆05月22日・・・ネットワークビジネス vs ねずみ講
◆05月21日・・・ネットワークビジネスとは?
◆05月17日・・・【急増】望まぬ非正規社員
◆05月16日・・・あなたは大丈夫ですか?
◆05月15日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その7
◆05月14日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その6
◆05月13日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その5
◆05月12日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その4
◆05月11日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その3
◆05月10日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その2
◆05月09日・・・ネットワークビジネスを選ぶ理由その1
◆05月08日・・・ネットワークビジネスの選び方
◆05月07日・・・私のプロフィール
◆05月06日・・・私達のネットワークビジネスのQ&A
◆05月05日・・・私達のネットワークビジネスの体験談
◆05月04日・・・私達のネットワークビジネスのサポート内容です
◆05月03日・・・私達のネットワークビジネスのプラン
◆05月02日・・・私達のネットワークビジネスの特徴
◆05月01日・・・はじめに

あなたは自分の人生をエンジョイしてますか?

会社員のあなた…

  • 毎日長時間揺られる満員の通勤電車
  • 会社の上司や部下との間で神経をすり減らす人間関係
  • なかなか上がらない給料
  • 家族との時間を犠牲にした残業や出張

    電車内-1
    これが、あなたが幼いころから描いてきた

理想の生活ですか?

これがあなたの夢ですか?


生きることが苦しい、辛い…

やりたい事もできず… 夢も持てない…

寝る以外のほとんどの時間は奴隷のように、ただ働くだけの毎日…


『こんなはずじゃなかった。』

『人生が楽しい、夢は実現できるなんてとても思えない』と嘆いてみてもこれが現実!


『自分の人生なんてどうせこんなもんだ!』

こんな風に投げやりになって諦めていませんか?

妻子は愛おしい、でも、もし、自分ひとりの生活に戻れたら…

嫌な会社はさっさと辞めて、もっと自由で豊かな人生を送れるのに…

好きなことだって時間を忘れて没頭できるのに…

あなたの心の悪魔が、こんなことをささやいていませんか?

会社の目標達成の為に、来る日も来る日も馬車馬のように働き続ける人生。

そうまでして定年まで働いても満足に年金をもらえるかわからない…

しかたがないと諦め、それで人生終わっても本当にいいのですか?

『もう、こんな生活は嫌だ!』

『もっと自由な時間がほしい!』

『もっと妻や子供たちのそばにいたい!』

いくら心の中で叫んでみても、行動を起こさなければ、なにも変わりません!

では、現状を変える為には、何をどうすれば良いのか?

もし副業でいまを変えたい!と考えているなら

今の仕事を続けながら、隙間時間の副業で在宅で稼げたら…

毎日1~2時間の作業で副収入を得ることができるとしたら…


あなたはどうしますか!

最初は副業から初めて、後々本業にできたら…

しかも権利収入という不労所得が半永久的に

まるで自分年金のように受け取れるとしたら…

それでも何もせず「幸せになりたい」「自由になりたい」とただ願うだけですか?

行動してもしなくてもあなたの人生の残り時間は、容赦なくどんどん過ぎていくのです。

それなら…いつやるか? いまでしょう!!

今なぜネットワークビジネスなのか9つの理由

「ハッピーリタイアメント」は誰のもの?


ここ10年で世の中は激変している。

良くも悪くもこれまでの日本経済を牽引してきた団塊世代が、次々に「定年」

迎えています。

誰もが「ハッピーリタイアメント」で片づけられればいいのですが、現実には大きな

社会問題の引き金になるとの懸念が強まっています。


団塊走りの1947年組が、2007年に定年に達してから「団塊世代の定年」に区切りがつく

2010年までの間、約700万人の大量リタイアが、日本経済に深刻な影響を及ぼし、試算

にしてGDPが約16兆円も減少するという、驚くべき報告もあります。

都会とサラリーマン



そういう大局的な問題もさることながら、個人の本音では

「はたして自分の退職金はどうなるのか?」

不安も募ります。

団塊世代の退職金総額予想はおよそ80兆円、退職金倒産する企業が相次いでもおかしくない

数字です。


「消費税・医療費アップ」「ペイオフ」そして「年金」「健康保険」制度の崩壊も現実の

ものとなりつつある昨今、加えて「熟年離婚」の話題も他人事と笑ってはいられません。

こういういまのご時世に「おたくはだいじょうぶですか?」と聞かれて

「ノープロブレム」と自信を持って答えられる人がどれだけいるでしょうか。

   ↓↓クリック
あなたは、ノープロブレムと答えられますか?

ここにきて「面倒臭い」ではすまされない


団塊世代といえば典型的なサラリーマン。

「終身雇用・年功序列・定期昇給」をかたくなに信じて滅私奉公の仕事ひと筋。

顧みれば家庭のなかに居場所はなく、かろうじて存在価値が保たれていた会社でさえ


危機存亡に瀕しているのが実情。この先、名刺を捨てて生き残れるのかと不安にさい

ビジネスマン2

なまれながらも、定年へのカウントダウンは容赦なく続いています。

直面する環境激変のいまは、そこに居合わせた人たちだけが、

真正面から自力で対処しなければなりません。厳しくてもそれが現実です。


ところが、多くのサラリーマンは自身の定年が近づいてきても、まだなお仕事ひと筋。

会社で役立つ情報は貪欲に収集しますが、個人のための情報が、氾濫するメディアの

なかから選択すべき状況では、「面倒臭くてとてもやってられない」


結果として、これから必要となる個人のライフステージ、すなわち「わたしの領域」

創る準備のない人たちがほとんどです。

しかし、従来型ビジネスシステムにあぐらをかいての「いいわけ」はもはや通用しません。


混迷の時代だからこそ明確に未来を想定して、そこからさかのぼり、いまなにを

なすべきかを考えるのです。

なぜならば、個人の変革は時代の要請であり、多くの人たちがいま自己変革の

分岐点にいるからです。


望むか望まないかは別として、日本全体がそういう方向に動いていることだけは、

それなりに覚悟しなければなりません。
 ↓↓クリック
あなたは、ノープロブレムと答えられますか?

自分の人生のオーナーは誰なのか?


「日本が変わる」ということは、企業はもちろん、わたしたち個人にも本質的な変革が求め

られていることへの警告でもあるのです。もう誰も傍観者ではいられなくなります。

企業も個人も、新しい変革競争の時代がはじまっていることをハッキリと認識する

必要があります。


もちろん、7倍速の「ドッグイヤー」の時間との競争を恐れていては、新しい時代には生き

残ってはいけません。

新たな活路を見出すには、現状を冷静に見据え、そして近未来をポジティブに予測していく

ことで自信をつけるしかありません。

これまで築いてきたさまざまな企業社会の自分はもとより、家族を含めた人間関係や、

社会参加型のシステムを再構築するためにも、自身の存在価値を追求しながら、

いまこそ未来をしっかりと見つめるのです。


そのことで、突然「会社人間」から解き放たれたときに、自分の「次の人生」にショックを

受けることなくスムーズに対応できるように備える。


すなわち日常を再編成し、自力本願の揺るぎない自らの存在を支える基盤を持つことが

急ぐべき課題です。そのためには、これまで思いもしなかった

「自分の人生のオーナーはいったい誰なのか」を真摯に追求しなければなりません。


そのことによってのみ、自分の人生を明るいものにするための先見性(目標)を持つ

ことができるのです。
↓↓クリック
あなたは、大丈夫ですか?

危ないのは団塊世代だけではない


50代以下の中高年・若年のサラリーマンにも危機的状況が迫りつつあります。

何よりも考えなければならないのは、家族を含めた自分の人生を支える収入源が、いま

勤めている会社からの「たったひとつしかない」という現実です。


経営がどんなに安定している会社でも、取引先が「ひとつ」というケースはあり得ません。

ほとんどの会社は複数の取引先を持つことでリスク分散しています。


そのことで、たとえいくつかの取引先との仕事(収益)がなくなっても、他の会社との

取引で売上を確保しています。


ところが、サラリーマンの場合はいま勤めている会社が倒産したり、自分が

リストラの憂き目に遭ったりすると、給与(収入)を手にする機会を喪失して

しまうのです。

このことを予見し、危機回避しているサラリーマンは、とくに大企業に勤める人ほど

無為無策のままです。


自分の能力(と思っているものの多く)が、いま背負っている看板、すなわち会社の

名前と肩書きにあることに気づいていない人が少なくありません。

それどころか、間もなくやってくる危機的状況を乗り越えられると、楽観視し

ているのです。

なぜでしょう?

誤解を恐れずにいえば、それはいまもらっている給与を、自分だけの力で生み出す大変

さを、経験していないからではないでしょうか。


だから「何とかなる」と悠長に構えている。

でも、本当にそれでいいのですか?
  ↓↓クリック
あなたは、ノープロブレムと答えられますか?

「いまのままでは、いまのまま」でしかない


海外から巨大ディスカウンターが、高品質・低価格の商品をひっさげて相次いで上陸し、

国境を越えたグローバル競争がはじまっています外資の猛攻はその勢いを増すばかりです。


これらのことからも、昭和、平成と続いてきた日本式商習慣が大きく揺さぶられ、

マーケットに大異変が起きはじめたことを鮮明に理解することができます。

日本式問屋構造、あるいは下請・孫請構造のなかにあって、ただひたむきに日本経済発展の

実質的な役割を果たしてきたのが中小企業です。


しかも、日本の中小企業といえばその大半が零細企業です。「一寸先は闇」のいまを、

いかに生き抜いていけばいいのか。

競争方法やルールが変わりつつあることに対する危機意識や問題意識は

強くあっても、具体的な突破口を見出せないでいるのが実情です。

端的にいえば、「いまのままでは、いまのまま」でしかないということです。


時代は、市場構造、競争原理、競争相手が根底から変わろうとしているときに、いままでの

業種、取引先、やり方、地域にこだわり続けることがなにを意味するのでしょうか。


いま、早急に求めるべきは次善策ではなく、新しい戦略にもとづく最善策であることを、

きちんと理解しなければなりません。

↓↓クリック
あなたは、大丈夫ですか?

バーゲンセールに遭うサラリーマン


日本の企業も、個人も史上最大の激変期を迎えています。同時に、働くことの意味合い

までが急変しているのです。

これからのサラリーマンは終身雇用などを望むべくもないし、またいつなんどき自分が

勤める会社が傾くかもまったく予測できません。


ある日突然に会社が倒産したり、リストラされると、サラリーマンはたちまち

バーゲンセールの憂き目にさらされるのは、いくつかの前例からも学べます。

新聞や求人誌に掲載される求人情報のなかから、ビジネスチャンスを見つけ出すのはまさに

至難のワザです。


周知のとおり従来型の産業は、急速に雇用吸収力を失っているからです。

とくに中高年者、すなわち終身雇用制を堅く信じて働き続けてきた、団塊世代代のいわゆる

「会社人間」といわれる人たちにとっての現実は、非常に厳しいものがあります。

若い社員であっても、専門性がないと同様です。

このことは、従来型のサラリーマン処世術が破綻したことを強烈に物語っているわけです。

同時に、定年まで雇用されるという前提条件が、もはや過去の集団幻想になり

つつあることを告げています。


最近ではすっかり定着した、「エンプロイアビリティ(雇われる能力)」という

言葉があります。


知識・スキル・経験は単なる資質であり、これに

適正と実力、すなわち明確に成果を出せる力

あってはじめて市場価値があると判断する指標です。

これがなければ、転職もできない時代になったのです。

サラリーマンの市場価値が、改めて問われはじめているわけです。

↓↓クリック
あなたは、大丈夫ですか?

ますます拡大していく「格差社会」


イギリスでは労働人口の30%が、アメリカでは50%がパートタイマーである

といわれています。

日本でも雇用リストラの有効手段と見ているのが、人材派遣の本格活用です。


パート、フリーターなどの非正規雇用者はこの15年で900万人弱から1600万人余に増え

ています。厚生労働省の調査では、同じフルタイムで働く男性労働者の05年の

平均月給(残業代などを除く)は、正社員34万8100円、非正社員22万1300円

と、歴然とした「格差」が明らかにされました。


国税庁によれば、1年を通じて勤めた給与所得者の状況を00年と04年で比べると、

年間給与2千万円が1万8千人増えた一方、300万円以下は160万人増えたそうです。

正社員を減らし、非正社員を増やすのは、企業が人件費を流動経費化しているからです。


正社員であっても、給与のモノサシが「時間」から「成果」に変わったことで、

給与格差の拡大につながっています。

貧富の差が明確になる二極化時代はすでに到来しており、庶民の間ではますます

「格差社会」が拡がっていくのは間違いないでしょう。


日本でも欧米並みに多様な雇用形態の社員が混在する職場が増加傾向に

なっていくのは、避けられないようです。


企業は人材を必要としているのに、長年企業の維持存続に貢献してきたベテラン社員に働く

意志があっても、その雇用の持続は拒絶する。

なんとも切なくて理不尽な話ですが、非常に身近な問題として

受けとめなければなりません。
↓↓クリック
あなたは、大丈夫ですか?

希望とビジョンは自分の意思で持つ


変化や格差を嘆くだけでは何も生まれません。

なすすべもなく、暗闇の進行に翻弄され、不安を募らせることだけは、自力で

避けなければなりません。

いま求められるのは、「自己強化」という自助努力です。


これからの人生の舵取りの枠組みをどうするのか。明確な意思表示が

理不尽さからの脱出に欠かせません。

まずは、他力本願から自力本願へと関心の焦点を移す。

こういう時代だからこそ、自分をどうしたいのかの目標設定と

その実現手段を模索・検討する。

希望とビジョンは、自分の自由意志で持つものなのです。

いまこそ必要なのは、堅実なライフスタイルの確立です。


この意味で「自立と自己責任」はまさに時代の要請です。

自己責任意識を持つことからしか、混迷の時代をしたたかに生き抜く策は見えてきません。

日本はいま、環境激変の洗礼を受けています。

ただ、同じ物事や現象を見ても、そのとらえ方は人によってそれぞれに異なります。


基本的にその解釈の仕方は、「困難な時代に入った、厳しい状況が続くぞ」

身をすくめる受けとめ方と、「時代の変わり目が来た、いよいよチャンスだ」と意欲的に

とらえる思いの2つに大別されます。


どちらかを選択するわけですがどうせなら、「常に前向きに発想し、

挑戦する生き様を貫く」ことが原理原則だと考えるべきでしょう。

このような時代背景を踏まえ、新たな視点を持ってネットワークビジネスの

可能性を検討してみることは、それなりに意義があると考えます。
↓↓クリック
あなたは、大丈夫ですか?

サラリーマンの時代は終わった


独立自営業者になることが急務の課題

ここ数年の世界的大不況のあおりを受けて職を失う人、職を見つけたくても

どこも雇ってくれず途方に暮れているいわゆる就職難民という人たちが

急激に増えています。


高齢者はもとより中高年者にも再雇用の道は閉ざされています。

そして特筆すべきは、毎年16万人もの学生がやはり就職難民として社会に放り出され

続けていることです。


その背景にあるのが産業空洞化です。これがいま、急ピッチで進ん

でいて、これからますます

増加する勢いです。産業空洞化とは、国内企業が国内生産をやめて、中国やタイなど

海外に産業拠点を移すことです。


これによって、何が起こるかというと国内の経済が回らなくなり、不況は

ますます深刻化します。経済が発展するのは、日本企業が生産拠点を移した国です。

これでは日本の雇用が安定するはずがありません。


なぜなら、ある企業が生産を海外に移せば、その現地生産によって、国内の中小零細企業に

流れていた仕事(発注)がなくなります。


そうなれば、中小零細企業は売り上げを絶たれるわけです

から社員の雇用が不可能になります。また、海外に生産を移した企業は現地の安い

労働力を調達しますから、賃金の高い日本での雇用は必要がなくなります。

要するに日本の雇用がどんどん崩壊しているということです。


誤解を恐れずにいえば、「サラリーマンの時代は終わった」のです。

雇用先がないのだから誰もが「独立自営業者」になるのが唯一の打開策なのです。

そのためには自分で考えて自分の運命は自分で開拓することです。

自ら運命を切り開く「独立自営業者」しか、これからの時代には生き残れ

ないのかもしれないからです。


ただしご安心ください。あなたは孤軍奮闘することはありません。

あなたにはネットワークビジネスという手段を活用することができます。

この手段みには主宰会社からメンバー(仲間)までが一丸となって取り組む

ことができますので、いまの危機的状況を抜け出し、実り豊かな人生を築いて

いくことも十分に達成可能になります。


なぜならインターネットネットワークビジネスの融合

主宰会社からチームプロジェクトDのメンバーまでが一丸となって取り組む

「団体戦」だからです。
   ↓↓クリック
あなたは、大丈夫ですか?


はじめまして! 宮本秀一と申します

岩槻時の鐘150

1954年、東京品川で生を受け高校を卒業するまで過ごしました。

現在は、縁あって『人形の街』として知られた埼玉県は岩槻という

城下町風情の残る街で暮らしています。

オールウェイズ3丁目の風景

私の幼年期から青春時代は、日本の高度成長時代と

重なりちょうど映画『ALWAYS 三丁目の夕日』

に描かれているような東京で育ちました。



自分で資金を稼いでアメリカへ語学留学へ

修了式

学生時代、好奇心旺盛だったわたしは、いろいろなことに

挑戦しましたが、その中で一番の思い出は、自分で

資金を稼いでアメリカへ語学留学したことです。


いまでは、修学旅行で当たり前のように海外に行く時代

ですからそんなに大げさに言うほどの事でもないと

思われるかもしれませんが、当時は、1ドル360円の

固定相場制から変動相場制へ切り替わって間もない1ドル280円~300円の時代。


いまから考えれば、とんでもない円安だったんですね。

ほとんどの人が海外旅行さえ行ったことがない時代でした。

少なくても数ヶ月は滞在して現地での生活を体験したかったので、その資金を稼ぐ

ことと合わせて思い切って学校を休学(留年)することにしました。


周りからは『留年すれば就職に不利になるからやめておいた方がいいよ』

と散々忠告されました。

行くべきか、否か、わたしはとても悩みました。


でも、ここで躊躇すれば後で一生後悔するに決まってる。

ならば行くしかない! 

これが、わたしの下した決断でした。

語学留学体験が功を奏し、本命第一志望の商社に就職へ



アルバイトを掛け持ちし、資金をなんとか工面し、3ヶ月間の語学留学を

実現することができました。このときの経験は、

[check]『夢に向かって行動すれば道は必ず開ける』という

自信になり、その後のわたしの人生に大きな影響を与えることとなったのです。


それは、不利と言われた就職も、むしろこの語学留学体験が功を奏し、一年遅れ

ながらも本命第一志望の商社に就職することができました。

KGとの談笑

そればかりか、入社1年後には駐在員としてアメリカに

赴任していました。


帰国後は、担当プロダクトや勤務地を変えながら、国内、

海外を代表するような有名大企業とのビジネスバトルに

ワクワクしたりドキドキしたり、ときには冷や汗タラタラさせながら、

毎日がむしゃらに働きました。


お陰さまで責任の重さとともに収入もそれなりに増えていきましたので、頑張り

がいがありました。


二十数年、季節の移ろいを感じる暇もなく、毎日満員の通勤電車に片道1時間以上揺られ

深夜残業、早朝出勤、休日出勤も厭わず働き続けることに何の疑問も抱きませんでした。

ところが、あるときふっと周りを見渡すと・・・・・・・・・

忙しさにかまけて家族を顧みなかったため、奥さん子供に愛想をつかされ

家庭崩壊した同僚がいました。


体を壊したり、精神を病んだりして会社を去っていく同僚もいました。

無断欠勤が続き、失踪のあげく自殺した後輩もいました。

そして、いつの頃からか、疑問を持つようになったのです。


一生このまま会社人間でいいのかと・・・・・・・・

一生このまま会社の奴隷か家畜のような生活を送ることが

自分の夢だったのかと・・・・・自問自答する毎日です。


そして、一度抱いた疑問は日に日に大きくなっていきましたが、それでも、

長年にわたりすっかり会社仕様に飼いならされてしまった私には、

『サラリーマンの安定の檻』を自ら出る勇気はなくなっていました。


それまでに築いてきたものを捨てて、檻の外で生きていける自信がなかったのです。

それでも、いつでも檻の外で生きていけるように準備だけはしておこうと思いました。

国家資格の取得という士業の道



わたしは考えました。

『檻の外でも通用する仕様になるためにはどうしたらいいんだろう?』

国の仕様、つまり国家資格なら日本全国で通用するはず。

国家資格を取れば、会社に依存しなくでも、板前さんのように包丁一本で

全国どこでも働けるのでは・・・・・心は決まりました。


ウン十年ぶりの受験勉強開始です。

六法2

毎朝4時起きして出勤前の数時間や昼休み、移動時間等の隙間時間を

見つけては参考書や資格開業本を読みあさりました。

たまの休日は資格予備校主催の模試で力試しに費やしました。


途中何度か挫折と復活を繰り返しましたが、あのときの教訓

[check]『夢に向かって行動すれば道は必ず開ける』を胸に、

なんとか3年目で目的の資格試験に合格を果たすことができました。


ちょうど時を前後して、リーマンショックによる不況で、会社が始めた

事業縮小のための希望退職の募集が、『サラリーマンの安定の檻』から外へ、

私の背中を押しました。

わたしは、外圧を借りてやっと会社という檻から出ることができたのです。

なぜネットワークビジネスを始めたのか?

そして、準備万端、満を持して開業しました。

士業開業 006

少なくとも本人はそのつもりでした。


ところが、いざ開業してみると…

現実は厳しかったです!

仕事自体はやりがいがありおもしろいのですが、どうにもこうにも思うようには

売上が上がりません。

安定しません。


考えてみれば、そもそも資格制度ができた時代と違って、現代はインターネット時代。

大概の情報はただで手に入る時代なんですね。


その上、資格ブームでわたしと同じような人が大勢いて、小さい市場を

取り合っている状況です。

先行きの不安から眠れない日々が続きました。


不安のあまり『サラリーマンの安定の檻』の中がなつかしくさえ思えてくる始末です。

かといって心の自由を知ってしまった今、もう二度と『サラリーマンの安定の檻』へ

は戻りたくはありません。


いまの仕事を続けながら、不安定な収入を補うにはどうしたらいいのか?

ネットワークビジネスとの初めての出会い



そう考えて、いろいろと暗中模索していたころ、あるお客さんからうってつけの仕事がある

からと呼び出され、セミナーに参加しました。


それがわたしとアメリカ生まれのネットワークビジネスとの初めての出会いでした。

アメリカでは有名な健康飲料の会社ということでした。

わたしが受けたネットワークビジネスの印象は、人間の購買行動に最も影響を及ぼす


口コミによるセールスと報酬がみごとにシステム化されていて、いかにもアメリカ的

合理性の追求から生まれたメソッドだなとつくづく感心させられてしまいました。


ただ、同時に脳裏をかすめたのは『マルチ商法』という言葉でした。

この言葉のおかげで、このときはなんとかほうほうのてで申込書にサインをせずに

帰ってくることができました。


家に戻ってネットで調べてみると、その会社の派手なHP以外に強引な勧誘などによる

被害報告などが出てきたので、やはり早まらずよかったとホッとしたのですが


さらにいろいろ調べているうちに、あの『金持ち父さん、貧乏父さん』で有名な

金持ち父さんのビジネススクール_

ロバート・キヨサキ氏が著書の中でネットワークビジネスを絶賛している

ことを知りました。


ますます興味をもって調べていくうちに巡りあったのがインターネットで

集客するこのネットワークビジネスでした。

『これならいける!』直感的にそう思いました。


なぜなら、インターネットで集客すれば、親戚、友人、知人に対して強引な勧誘をする

必要はなく、ネットワークビジネスの最大の難点を克服できるからです。


しかも、対象を親戚、友人、知人だけに限らず、世界中の日本人を相手にする

ことができるのです。


これなら本業を続けながら、自宅で隙間時間を使ってでき、私にとっては、

まさに探し続けていた『青い鳥』でした。


私は、本来の目的である本当の自由を実現させるため決断しました。

それは、経済的な自由時間の自由を得て安心して暮らせる思い通り

の生き方が出来るようにこのビジネスに今、本気でチャレンジしています。

私が展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通が一つの物流システムとして能動的に

関わる人たちを幸せにする21世紀の新しい画期的なビジネスとして認知され、

正しく広く普及して、確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

私が展開中のMLMに興味がある方は、楽しいくて分かりやい動画セミナーをご覧ください!

動画版人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、ビジネスの情報送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をビジネス資料送付の目的以外で利用することはありません。

a:29585 t:1 y:23



powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional